副業禁止でも大丈夫!確定申告のやり方や経費のメリット

副業禁止でも大丈夫!確定申告のやり方や経費のメリット

こんばんわ佐藤です。
最近年度末ということもあり、ニュースでも
”確定申告”についての話題が多くなっていましたね。

これから風俗で働く人も、いますでに働いてる人も知ってて欲しいのが
”確定申告”です😊

していない人がほとんどですし、そもそも何なのか知らない人も多くいます。
しかし、やっていないとこれから大変になるかもしれません・・・

特にOLの人は会社にバレたくないから
わざと確定申告をしないこともあります。

そして経費に関しても
やっていた方がメリットにもなるので
確定申告と経費についても調査して見ました!

そもそも確定申告とは?

そもそも確定申告とは

ざっくりいうと
1年間の利益ー経費=所得。

つまり

1年間の利益とは、給料
そして仕事にかかったお金、経費
それを引いたのがあなたの取り分ですよ。

ということです😊

確定申告とは1年間にわたって(1月1日〜12月31日までの期間)
自分がいくら稼いで、いくら税金を納めなければいけないのかを計算して

それに対する所得税の額を
翌年の2月16日〜3月15日以内に
国へ申告、納税しなければいけない

。ということです。

だいたいわかったでしょうか?

そしてポイントでも説明した

”翌年の2月16日〜3月15日以内”
というのが肝です。

税金は遅れてやってくる。と言いますが
前年度の給料でカウントされますので

お金を使いすぎると税金が払えない。ということが平気であるのです

なぜ風俗嬢も払わなければいけないか?

なぜ風俗嬢も払わなければいけないのか?

会社に従事する、サラリーマンの方は
会社が税金を納めています。

ですが、風俗嬢は個人事業主という扱いになるため。
誰もあなたの税金の計算をしてくれません。

なので自分で管理する必要があるんですね😓

経費とは?

最初に出てきた
給料ー経費=所得

の経費とは何なのか?
経費とは、その仕事にかかった費用のことです。

風俗嬢の場合はなにが経費とみなされるのかというと

・職場までの交通費、タクシー代や電車代
・エステ、ネイルサロンなどの美容代
・下着、ドレス、洋服んどの衣装代
・仕事用の携帯電話代
・仕事で使用する備品代
・性感染症の検査代
・確定申告のための税理士さん代
などなど

その対象は多岐に渡ります。
美容品代も計上されるのは嬉しいですよね♪

つまり、払いすぎた税金が返ってくるので
これらの費用を得するということです。

税金を払うメリットがわかってきましたか?😊

どうやってやればいいの?

と言っても、どうやって申告したらいいかわからない。
という方は、無理に自分でやろうとせずに税理士さんに任せましょう❣️

そうすることで、もれなく確実に税金の計算をしてくれます。

もちろん税理士さんにかかった費用も経費として計上できます♪

自分で管理しておくべきことは日々使ったお金の領収書をとっておく!

それだけで大丈夫です😊

確定申告しなかったらどうなる?

「いま別に払ってなくてもなにもないし、払わなくても大丈夫でしょ♪」

「周りが払ってないし、自分だけ払ったら損するんじゃないの?」

こういう風に考える人はいると思います。

実際に、ガンガン稼いでたとしても申告しなくても問題なかった。
というのを耳にするでしょう。

ですが、結局は氷山の一角でバレてしまうこともあります。

もしバレた場合、無申告加算税といい
最大で20%を割り増しで払わなければいけないことになります!

そして、こういったことは
内部告発が圧倒的に多いです。

風俗嬢の妬みから税務署にチクられたり
ネットの掲示板に晒されたりで発覚します。

会社にバレない?

OLとして会社で働きながら
風俗をやってる人にとっては
会社にバレるんじゃないか?
という不安に思うかもしれません。

ですが、なぜ会社にバレるか?
というと

住民税の額がが異なるからです。
住民税は所得によって変化します。

なので、会社からしたら、給料はこれだけしか払ってないのに
住民税たけーな。こいつ仕事してるわ。

という流れでバレます。

なので、風俗で稼いだお金は会社とは別で支払います
面倒ですが、それをするとバレません😊

まとめ

・確定申告とは?
・払わなければいけない理由
・経費とは?
・税理士さんに頼ること
・しなかった場合のリスク

確定申告について少しでも理解できたでしょうか?✨
確かにめんどくさいことではありますが
知ってるのと知らないのでは大きな差になります。

そして将来にも影響が・・・・

今回の記事が参考になれば幸いです。

では最後までご覧いただきありがとうございます!

希望の条件などをおっしゃっていただければ、あなたがどんなお店が合っているか
提案させていただきますので、LINEにご連絡ください!

未経験の為のお役立ち情報カテゴリの最新記事