風俗の海外出稼ぎが稼げない理由は?

こんばんわアラタです!

最近、シリーズ系の海外映画をよく見るんですが、この前『バットマン』を見てたんですね。

あぁいうヒーロー系の映画って絶対、超高層ビルの淵ギリギリに立って黄昏てません?www

アレ、なんでなんすか?w

いくらマントとか翼があったとしてもめっちゃ怖いですよね?w

僕がもしヒーローやったとしたら絶対あんなトコ立ちませんし、落ちても大丈夫ってわかってても絶対に立ちません。

てか、そんなことを考えてビビっているようではヒーローにすら向いてないですね。

(↑これコレw!!!怖すぎるからw\(( °ω°;; ))/)

そんなどうでもいい事はさておき、

今回は『海外の風俗出稼ぎ』について書きたいと思います!

海外で風俗の出稼ぎってなんとなく聞いた事はあるけど実際、どんなものなのかよく知らない。って人の方が圧倒的に多いと思います。

求人広告を見ても、

旅行気分で行ける!

英語が話せなくても大丈夫!

日本人スタッフが常駐!

なんて謳っているのですが、実際のところはどうなのか?

今回は『海外の風俗出稼ぎ』について深く掘り下げていきたいと思います!

海外の風俗事情

そもそも風俗は日本独自の文化ではありません。

もちろん、ヨーロッパや、欧米などでも風俗業は存在しています。

日本ではソープ、デリヘル、ピンサロ、オナクラなどが主流ですが、海外はこれ以上に豊富なバリエーションがあるようです。

また海外で風俗嬢は『コールガール』『エスコートガール』などと呼ばれており、プレイでは本番が当たり前です。

日本ではソープか新地系でなければ本番はできないので、ここが日本と海外の風俗の大きな違いですね!

また、フェラに関しても海外ではゴムフェラが基本です。

なのでフェラでいかなくても本番で抜くことができるので日本で言うS着ソープが一般的な海外の風俗って感じですね!

海外の風俗出稼ぎってどんなの?

海外に出稼ぎに行くならば、働き方としては2パターンがあります。

店舗型

日本と同じように店舗型のお店で仕事をします。

日本のように様々なコンセプトのお店があるわけではないのでそれこそソープランドに入店するイメージです。

個人で紹介してもらう

こちらはお店に在籍するという形ではなく、海外のお金持ち男性に女性を紹介する仲介業者からお仕事を紹介してもらうパターンです。

運が良ければ超絶富裕層に出会って3日間で100万円など夢のようなこともあるみたいです。

実際の海外風俗出稼ぎについて

ここまででなんとなくイメージはできたかもしれませんが実際日本人女性は海外の方からのウケが非常に良い為、人気はでます。

ですが本当に稼げて成功できるのはかなりのハイスペック女性だけです。その中でも、

タトゥー

リスカ痕

妊娠線

これらがある女性はそもそもでお断りされます。

また、顔面偏差値よりボディラインを重視される為、ただ細いスタイルよりも、ウエストのくびれ、大きいバストやお尻など身体にメリハリのある女性が好まれるのですが、そんな女性であればわざわざ海外に行かなくても日本で十分に稼げますしね。

海外風俗出稼ぎのデメリット

そのほかにも海外出稼ぎにはデメリットが存在します!

言語の壁

普通に旅行へ行くとしても海外で一番心配になるのが言葉ですよね!

求人では英語が話せなくても大丈夫!と言っていますが、やはり多少のコミュニケーションが取れないとかなりしんどいです。

プレイ中に言葉がわかるスタッフが翻訳してくれるわけでもありませんし、外国人は日本人と違って『察してくれる』なんてものは通用しません。

はっきり意思表示ができないとされたくないことまでやられてしまうかもしれません。

肉体的に負担がかかる

アジア圏ではそうでもないかもしれませんが、欧米圏であれば男性器のサイズが大きい方もザラにいますので女性によってはかなりの負担になってしまいます。

また、人種差別にも気をつけなければいけません。

なかでも特に注意しなければいけないのは中国人です。

歴史的背景から日本人に対して恨みを持っている方も未だにいる為、わざと日本人女性を指名して無茶苦茶なことをしてやろうとする人もいるのです。

※これはあくまで一部の人たちではありますが、そう言った歪んだ感情を持った人も少なからず存在しています。

病気のリスク

これは日本にいてもそうですが、性病のみならずその他の病気にかかってしまうリスクも高まります。

日本では気にすることがない病気や感染症にかかるかもしれませんし、もし病院を受診することになってしまえば高額な医療費がかかってしまいます。

すぐに病院にかかれる環境であればまだ良いですがもしそうでなければゾッとしますよね。

出費の方が多くなる

交通費や食費、宿泊代など思いのほか自己負担しなければいけない場合もあります。

お店や仲介業者が負担してくれるところもあるかもしれませんが、現地に行って聞いてた話と違うなんてことも充分にあり得ます!

せっかく稼いでも現地で使わざるを得ない状況になれば悲惨です。

短い期間では受け入れてくれない

日本国内であれば1週間未満の出稼ぎでも受け入れ可能のお店はたくさんありますが、海外となるとそうは行きません。

最低でも1週間は滞在しないと稼げないでしょうし、国によってはひたすら休みなく働かされる場合もあるのです。

帰りたいと思ってもパスポートを預けてしまっていれば逃げ出すことも困難を極めます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?


ここまで、海外への風俗出稼ぎは『稼げない』とお伝えしてきましたが、ぶっちゃけなかには海外風俗出稼ぎで稼いでいる方もいらっしゃいます。

ですがそのような方々は本当に特別なコネクションがある方だけです。

そもそも海外の風俗は日本よりももっと濃く裏社会関係者の力が働いていますから安全が保障されていると信じるほうが間違っています。

そんなリスクを背負ってまで外国へ行き、仕事をしても日本で稼げる金額と変わらず、リスクだけが高まってしまうなんて本末転倒です!

海外で一発逆転的な働き方をするより、日本にいながら自分自身をしっかり磨いて安全な環境で働く方が何倍も良いはずです。

そして、日本で頑張って貯めたお金で自分へのご褒美として海外旅行に行きましょう!( ´∀`)

最後に

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます😄

ご相談希望の方はこちらからLINE登録していただければ”アラタ”という名前で出てきますので

簡単なメッセージかスタンプを送ってください!

あなたの人生がより良いものになるためにお力になります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です