風俗嬢はお金が貯まらない?確実に貯金が出来る方法〜前編〜

こんにちは!アラタです!

昨日、お問い合わせいただきました女性からこんなことを相談されました。

『稼いでも貯金ができないんです・・・どうしたら上手く出来ますか?』

といったものです。

風俗業は通常のアルバイトに比べると、1日に3〜4万円ほど稼げて最低でも月に60〜80万くらいの収入があります。

(普通の会社で言えばコレくらいの金額をもらえるのはそこそこのポジションの人です!)

それだけの収入があれば貯金なんて余裕でできそうですがなぜ、それができないのか?

今回はそんな貯金ができない理由と確実に貯金をしていく方法をお伝えしたいと思います!

貯金ができない理由

まず貯金ができない風俗嬢には決まって特徴があります。

ホストにつぎ込む

風俗嬢が短時間で高額なお金を使ってしまう代表的なのがホストです。

一生懸命働いて、疲弊した心をイケメンたちが癒してくれるのがホストクラブなため、女性たちはその見返りとしてお金を散財してしまいます。

またホストクラブでは支払いをツケにすることができる為、その時払えなくても『また稼ぐから大丈夫』と言う思考回路に陥ってしまいます。そうしてツケを繰り返し、気付いた頃にはとんでもない支払い額になっていた。なんてことはよくある話です。

高額な買い物を平気でしてしまう

夜の世界に身を置いていると、ハイブランド品や流行りの物を身につけている人が多い事から、ついつい影響されて、高額な物でも衝動買いしてしまいがちです。

一度に高額な買い物を大量にしてしまうとその時の快感が忘れられなくなり、歯止めが効かなくなっていつの間にか買い物依存症に陥ってしまったという方も非常に多いのです。

ギャンブル依存症

買い物などもそうですが、とにかくお金を使うことがストレス発散に感じている方も多いです。

特にパチンコやスロット、競馬などのギャンブルは自分一人で楽しむことができますし、いつでも気軽にできることからハマってしまうとどんどん利益を追い求めてしまいます。

あと少しで勝てる、儲けが出る!などの半ば意地になってかけ続けてしまい、手持ちのお金をすべて使い切ってしまう。なんて方もザラにいます。生活に最低限必要なお金さえも使ってしまう場合はギャンブル依存症である可能性が高いです。

などなど、貯金ができない主な理由がこちらになります。ですがこれらは風俗嬢でなくても普通のお仕事をされている方が陥る可能性も大いにあります。

これらをやりすぎてしまった結果、

借金が増える→今の収入だけでは足りない→風俗業に足を踏み入れる

という無限ループに陥るんですね。

貯金に成功した女の子の話し

続いては風俗業に勤めながら貯金を成功させた女性にお話を聞いてみました。

現在は業界を卒業されていますが、彼女も色々失敗を重ねて勉強していった様です!

アリサさん

※写真はイメージです

年齢:26歳

風俗歴:6年

業種:ホテヘル、ソープ、デリヘル

なぜ、風俗業界に?

最初のきっかけはただの興味本位からでした。

お金に特別困っていたわけではなかったけど、昔から風俗って言う世界に興味がありましたし、エッチなことをしてお金が稼げるならぜひやってみたいと思い足を踏み入れましたね。

実際働いてどうだった?

なんか拍子抜けするくらい余裕でしたねw

最初のお店は新宿のホテヘルだったんですが、6時間くらい働いて8万くらいのお金を手にすることができたんです。

『たったこれだけの時間でこんなにもらえるんだ』

って感動したと同時にそこから感覚がバグり始めたんですよね。

稼いだお金はどうしてたの?

もう稼いだら稼いだ分だけ使ってました(笑)

全額とまではいかないけど、最低限の生活費だけ残してあとは買い物とか、旅行とかにつぎ込んでいました。もちろん担当のホストにも。

貯金だなんて全く頭になかったですね。

いつ頃からヤバイと思ったの?

ホストでのツケと買い物した時のカードの支払いで気づいたら借金が300万くらいになってしまってからですね。

それでも、

『まぁ、働けばなんとかなるでしょ』

くらいにしか考えてなくて、たくさん稼いでも使っちゃうから最終的借金は500万までいっちゃいました。

その時は22歳だったんですが、初めてやらかした。。。って気が付いたんです。

それからはどうしたの?

とりあえず、『なんとしてでもお金を貯めなきゃ!』って感じでした。

でも貯金するって言っても今まで散財してきたんで結局全然上手くいかなかったんですよね・・・

後編に続く

若干22歳にして500万もの借金を抱えてしまったアリサさん。

そんな状況の彼女がどのように貯金をすることが出来たのか?!

その方法は後編に続きます!!

貯金をしたいけどなかなかできていないと言う方は必見です!

ではでは本日はこの辺で失礼します・:*+.\(( °ω° ))/.:+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です